占いに興味のない男性、占い大好きの女性でかなり差があります。その中で何よりも男性は女性の気持ちを理解する事が出来ませんし、女性からしたら占いに頼って何が悪いと感じる点もあります。今回は男性と女性で占いに対しての差を紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

男性側
・興味はあります。隠している人もいれば、新聞や雑誌の占い、朝のテレビ番組の占いなども、目にして参考にしている人も多いようです。

・正直にいうと男性も占いは気になっているのですが、厄介だとか年始に会社で垣内参拝するなど、習慣だけとは言い切れない感覚があるようです。対面としても占いを気にするかっこ悪いと気風があり、未来なんて自分で切り開いて見せるなどと感じるのです。

・占いには興味はありません。その理由としては、占いの根拠が希薄であり、根拠から未来を予想されても、何の説得力もないと感じます。

女性側
・実際に占い大好きで、テレビなどでは毎日見ていますが、ラッキーカラーなど毎日活用しながら日常を過ごしています。

 

男性側と女性側の意見は同じ意見もありますが、何よりも男性は、男としての決断力も必要になってきて、占いに頼って後悔するより、自分の足で前に進んでいきたいと感じている人が多いからなのです。

その分、女性の場合には、悩みを抱えている自分を追い込んでしまう傾向にあり、その気持ちがどうにもならない状態になり、誰かに頼りたいと感じてしまう傾向にあります。

男性も女性も考え方が違っていますし、男性だから占いが嫌いというわけではなく、興味を持っている人もいますし、嫌いという人もいます。女性の場合でも、好きという人もいますが、自分の気持ちをしっかり持っている人は、なぜ占いに頼るのと感じてしまう事もあります。

女性の方が占いが好きと言われていますが、女性の中でも、やっぱり自信がないという人や好きな人が出来るとその人の事しか考える事が出来ないという人などです。

実際に、その人しか見えないとその人に対しても自分が重いと思われてしまい、最終的には自分で自分を負いつめているのですが、占いに頼りたくなると感じてしまいます。そのくらい、自分が見えないくらい人を好きになるとやっぱり、悩みも人の倍以上になってしまい、自分で自分をコントロールする事がでいなくなってしまい、その中で、占いなどに頼ってしまうと言われています。

私も女性なので、気持ちはわからないというわけではありませんが、私の知り合いにもそんな人がいますが、自分で自分を追い込んでいるという事に気が付いて欲しいと思います。

男性にしても、全く占いに興味がないというよりも、テレビなどでの占いには目を向けるけど、依存してまで占いをする必要はないと考えています。答えは自分で見つけるべきという事もあり、実際に、男が占いに依存している状態では、付いていけませんよね。

女性に関しては、相談事が好きで、自分の中にあることを自分だけで考えるのではなく、誰かに話したいと感じている傾向にあり、アドバイスを聞く事により、安心できるという事があります。

男性の方が見えるものに対する実在の価値を重んじる事に対して、女性の方は目に見えない神秘的な存在や世界観への価値を大切にする傾向にあると言えます。

男性側からしても、日常でテレビや雑誌などの占いで喜んでいる女性を見るのは何も感じませんが、実際に電話占いや対面占いなどに依存している人を避けたいと感じてしまう傾向にあります。

男性と女性の考え方は違っていて、何より、男性は考え方がスッキリしているような感じます。しかし、女性は心配性という事が挙げられます。実際に今子育てをしている私ですが、子供の悩みなどをする事により、男性は重く受け止めない事に対して女性はどうしたらよいのかと考えてしまいます。

最終的に解決すると、男性が言っている事が正しく何よりも、男性の方が正しいと感じる事が出来ます。

実際に、占いなどに頼ってしまう人は、孤独の女性が多く、今の時代は、誰にでも自分の悩みを相談する事が出来ないという点があります。誰かに悩みを打ち明ける事が出来る場合には、占いなどに頼ることなく、友達に相談して安心する事が出来ますが、何よりも、自分で解決しようとすると深刻な悩みとなってしまうのです。

私も女性として、占いには興味はありますが、電話占いや対面占いなどに興味はなく、テレビの占いなどで満足できる自分がいます。また、性格により、マイナス思考に考える人って、占いに頼る傾向にあり、自分に自信を持つ事により、何も考える必要はないのですが、女性は周りの目が気になるタイプなので仕方ないかもしれません。

男性には、女性の気持ちはわからないかもしれませんが、占いは女性にとって救いでもあり、その日の気分が良くなるかどうかという問題もあり、良い結果だとわくわくするし、悪い結果だとテンションが下がってしまう傾向にもあります。

占いがいけないという事ではありませんので、何よりも参考程度に活用して依存しないようにすることが大切になってきます。