最近では、便利な電話占いが主流となっています。その中で何よりもトラブルに巻き込まれないように注意して活用する必要があります。たくさんの電話占いがありますが、何よりきちんとその占い師の確認やサイトの確認を行う事が大切になってきます。今回は、便利な電話占いを活用する注意点について紹介してきますので参考にしてみてください。

・雑誌や広告を見て利用する時
占い専門誌を見ると電話占い業者の広告が掲載されています。その広告を見て利用する場合には、広告の内容を隅々まできちんと読んでみるようにしましょう。少しでも疑問がある場合には、利用前の受付の段階できちんと質問するようにしましょう。実際に雑誌に広告が載っている会社だから安心という思い込みは危険なので、小さく記載されている文字まで隅々確認する必要があります。

・ホームページを見て利用する時
ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで探した業者を利用する場合には、雑誌以上に厳しい目で見極める必要があります。雑誌にには、ある程度の広告表現規制があり、ホームページにはそんなルールがありませんし、さらに表示してある情報は、変更や修正が容易なので、あとが残りません。雑誌と同様で少しでも疑問がある場合には、利用前の受付段階で質問して、念のためにそのページを自分のパソコンに保存しておくようにしましょう。

・利用前の確認事項
占い料金を確認する際には、消費税についてもしっかり確認しておくようにしましょう。また、課金システム、通話料、指名料、予約料、特別な手数料はないか、占い料金の支払い方法や手順、期限、延滞金について、業者の住所などをしっかり確認する必要があります。

・占い料金について
雑誌広告などを見て、占い料金のあまりの違いに戸惑いをかくせないという人も多いと思います。料金の設定は各業者の自由となっているのですが、料金に差があるのは仕方ないと思いますが、利用する側とすると料金の格差に色々迷ってしまう事も多いと思います。実際に利用してみないと評価できない部分もありましが、雑誌広告やホームページで、課金システムや利用方法、キャッチフレーズなどを比較して実際に受付に電話をして、色々な疑問を質問した後に、占いの料金に納得できた業者に決めるのもお勧めできます。

・相談内容に関して
いくら電話でお互いの顔が見えない間柄といっても、自分の秘密を話したり、周りに知られたくないことを占ってもらう場合には、多少なり占い師と秘密共有するという事です。自分の秘密を話すに値する占い師なのか、トラブルになった場合には、きちんと対応してくれる業者なのか、きちんと見極める必要があります。雑誌広告やホームページ、電話の声だけでは、信用できるかどうか判断するのは難しいと感じますが、はじめて利用するときに、特に自分の収入や財産に関する話をしないなどの判断も必要になってきます。

・占い師からの甘い誘い
管理会社を通さずに個人的に安く占ってあげるなどと持ち掛ける占い師も多いのですが、注意が必要になってきます。実際に、お客さんが側としては、少しでも安く占ってもらう事が出来るのならと感じます。しかし、直接占い師とのやり取りを行う場合には、占い師はあなたの個人情報を秘密を保持して、さらに料金の請求まで行う事になります。長年事務所を構えて個人的に対面鑑定を行っている場合には、問題ないと思いますが、直接顔を合わせたこともなく、相手の住所さえ知れない、電話だけのやり取りには不安がつきものです。

・利用明細を発行してもらう
何分利用して料金はいくたになったというのをきちんと確認するためにも、支払いを済ませる前にきちんと利用明細や請求書を発行してもらう必要があります。プライバシー保護のために請求書は発行しませんという事もありますが、それが出来ない場合には、注意が必要となってきます。

実際に自分でもきちんと利用したことをメモなどに記載しておくことも大切になってきて、何より悪質なトラブルに巻き込まれないように、きちんと信頼する事が出来る占い師を見つける事が大切になってきます。

実際に、電話占いは今の時代は、主流となっていますが、何よりも後悔しないためには、その業者の見分け方について詳しい業者の情報などを知る必要があり、適当に占いしたいからという気持ちで利用しないようにすることが大切になります。

占いをしたいと感じると様々な方法で、占い業者を調べてすぐに電話してしまいがちなのですが、何より大切になってくるのは、どのような会社なのかを把握する事により安心して使う事が出来ると思います。

今の時代は電話占いなど手軽に活用する事が出来る電話占い業者も増えていますが、その中には、悪徳業者も多くなっているので、何より会社を知ることは重要になってきます。あとで後悔してしまわないためにも、料金体制などもきちんと把握して活用する必要があります。